中年男性必見!スーパーカブ冬の寒さ対策おすすめグッズ

2021年11月21日
スーパーカブ冬の寒さ対策おすすめグッズ

寒い冬で少しでも快適にするためにスーパーカブおすすめの寒さ対策グッズをご紹介!保温機能の優れたグッズなどを装備して、通勤・通学・ツーリングを乗り切ろう!

特に中年以降の男性は寒さに弱くなります。しっかり防寒対策して冬でもスーパーカブに乗りまくりましょう!

スーパーカブの冬の寒さ対策おすすめグッズ

防寒防水ハンドルカバー

安く、すぐに取り入れることができる防寒対策の定番中の定番がハンドルカバー(ハンカバ)です。

真冬の寒さで手が冷えると感覚が鈍くなりスロットル操作に支障がでます。防寒防水ハンドルカバーは比較的安く、取り付け車種も幅広く、簡単に装着できるので大変便利です。

これほど付ける前と付けた後の評価が違う商品も珍しいほど実用的です。「おじいちゃんのスーパーカブ」と敬遠されがちですけどね。実は実は。

アニメ「スーパーカブ」で小熊と礼子がハンドルカバーを取り入れたことで売り上げも上がっているようです。

なお、スーパーカブではウインカー操作が若干しずらくなるという声もありますが、数日で慣れたという方がほとんどです。

ハンドルカバーはOSS (大阪繊維資材)が定番中の定番となっています。ウェットスーツの素材(ネオプレーンゴム)を採用しているので寒さや水に強い設計です。

スーパーカブへの取付ですが、右側はグリップとブレーキレバーをハンドルカバーの穴に通してミラーに紐で結ぶ形になります。

左側はブレーキレバーがないのでグリップに通して、同じくミラーに紐で結びます。

ミラーを一旦外してミラー用穴に差し込むことでさらにしっかり固定できます(盗難対策効果あり)。

ネックウォーマー

冬には絶対欠かせないのがネックウォーマーです。私はネックウォーマーを寒い時は2枚重ねで首に巻いてます。

バイクに乗っていると首元から風が入り込んできますが、このネックウォーマーをしていればシャットアウトできるのです。かなりおすすめです。

バイクで使う場合はある程度厚みのあるもので、ボタンで留めるものがおすすめです。ボタンで留めるタイプのものだとヘルメットを被った後からでも脱着しやすいからです。

風防(ウインドシールド)

最強の防寒対策とも言われるのが風防(ウインドシールド)です。こちらもハンドルカバー同様、アニメ「スーパーカブ」で話題になりました。

私は純正のウインドシールドを装着していますが、寒さ対策だけでなく、雨やホコリ、虫、飛び石からも守ってくれるので長年愛用しています。

風防は高さがあるほど防風効果も高くなります。雨の日は水滴で若干見にくくなるので、

純正品は少し高いですが、デザイン、耐久性ともに完成度が高いのでおすすめします。

グリップヒーター

付けて良かったと思えるアクセサリーで風防と共に人気なのがグリップヒーターです。私は途中から付けるようになったのですが、最初から付けておけば良かったと後悔しました。

特にグリップヒーターとハンドルカバーは最強の組み合わせになります。

ホンダ純正グリップヒーターは電圧監視システム搭載なのでバッテリーにやさしい設計です。低電圧になると電源がオフになる仕組みです。

バイク屋さんでの取り付け工賃は1万円ぐらいです。普段からメンテナンスをやっているなら取り付けは可能ですが、自信がないならバイク屋さんにお願いしましょう。

なお、専用グリップへの交換が不要な巻き付け式グリップヒーターもあります。電源はモバイルバッテリーなどから供給可能です。

管理人プロフィール

19歳からバイクに乗り始め、2010年からホンダスーパーカブ110(JA07グリーン)が愛車(たぶん死ぬまで)。
◆これまでの車歴
ホンダゴリラ/CBX250RS(上野でポンコツつかまされた)
/ホンダディオ(図書館駐輪場で盗難)/ホンダリード90/ホンダフリーウェイ2(マンション前で盗難)/タイカブ100EX(事故で廃車)/ホンダフリーウェイ2(中古店で事故車つかまされた)
中古で買ったのはCBX250RSと2台目のフリーウェイだけで後は新車です。